@ wonmee's blog

원빈팬 wonmee의 블로그^^
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPMovie Works 아저씨 ≫ k-movieFestivalで『アジョシ』を見たよ^^

k-movieFestivalで『アジョシ』を見たよ^^

アンニョン
昨日は午前中の用事で時間の遅れを焦りながら六本木へ行ってきました。
六本木なんていつ以来かな?思い出せない…(^_^;)
2013年10月19日1:30からシネマート六本木では「アジョシ」の上映がありました。
k-movieフェスティバル開催中の限られた上映。
アジョシ』を大きなスクリーンで観ることが出来る貴重な機会です。

平日は仕事だし、行けるのは限られた日しかない・・・。
今日のこのチャンス、無駄にしたくない!!
結構オセオセの感じであわてて電車に飛び乗りました。
電車に乗ってスマホの乗換案内アプリを開くと六本木到着がほぼ1時半。うわ~はじまりの時間だぁ~。
これは地下鉄を降りて猛ダッシュするしかないな

到着して映画館の席につきスクリーンをみると、なんと丁度テシクの初登場面というところでした。
でも、それでも、何とか間に合ったおかげで、なんだかビンニムが待っていてくれたような気持ちになり、ちょっと嬉しかったりした…あたし(^_^)v
もぉ~おバカだね(爆)
なぜだろう???いつもビンニムに会える時にはダッシュするあたし・・・・(笑)



初めてアジョシの韓国予告を目にした日のことあたしはよく覚えています。
『絶対にヒットする』みじかい予告編の中にいるビンニムの姿をみて直感でそう思いました。
あたしが初めて『アジョシ』全編をみたのは2010年8月1日の韓国試写会。
2010年8月4日『アジョシ』は予定よりも1日はやく韓国で一般公開されました。

嬉しいことに『絶対にヒットする』の直感が現実となり、2010年度の韓国興行収入1位を記録するほどの大ヒット作となりビンニムは数々の賞を受賞するました。
この快進撃を、どれほど誇らしく嬉しく感じたか、一言で表現するのはとても難かしいです。
10年来のファンが長い待ち時間の後に心から待っていたビンニムの活躍を目にすることができたのですから・・・。

あれから・・・
何度この映画をスクリーンで観たか?DVDを何度繰り返し観たか?
今はもう数えることもできないほどになりました。
今回、K Movie Festivalのおかげで久しぶりに大きなスクリーンで『アジョシ』に会えました。
月日がたっても、『アジョシ』は一瞬たりとも目が離せない作品のままです。
切れのいいアクションも、無口のテシクの語らない心の表出も本当に素晴らしい!!
まなざしの中にある痛い心と、狂気を感じる強さの微妙なバランス・・・絶妙です。
そして一緒に出演されている俳優さんたちの演技も観れば見るほど発見があり面白いです。
あたしは、何時もそうしてきたように、今回もエンドロールの最後の一文字が消えていくまでしっかりと見ました。



でも・・・
「うわ~凄いなぁ~!!」「面白かったな;あ~」「かっこう良かったなぁ~!」と公開当時は単純に感動して喜んでいただけでしたが、今回は少し違う気持ちが湧き上がりました。
ゆっくりと歩むことも良しとし、ビンニムの選択を待つ時間もOKとしてきたあたしですが、久しぶりに観た『アジョシ』に俳優ウォンビンを欲する気持が自然に溢れでてきます。
ビンニムのスピードを理解しているつもりでしたが、やはり新たな作品へとチャレンジする今のビンニムの姿を早く見たくてたまらなくなりました。
精魂込めて演じた作品で、観る者の心を動かすことが俳優のお仕事・・・。
誰にでもできることではありません。
ならば折角もっているたぐいまれな才能をあまりに長い時間眠らせておくのは本当にもったいない・・・。

もちろんビンニムはたくさんの広告に出演し、それぞれに好感度も高いです。
でも、たとえどんなに素敵なCFであっても、映画や、ドラマなどの作品から得る感動は得ることができません。
ビンニムを観ながら『アジョシ』公開の時がそうだったように震えるような期待と感動を味わいたい・・・・。
ウォンビンという俳優のもつ素晴らしい才能をぜひ新たな作品から感じてみたい!!
待つことには慣れてるつもりでしたが・・・・
あらたな良い作品を観たい、そんな気持ちが大きく大きく膨れ上がりました。
どうかビンニムが演じたい役に早く出会えますように・・・・
心からそう願いながら一人電車に揺られて家に帰りました。

배우 원빈 보고 싶어요~

몹시 기다려져요~


では・・・今日の1曲は・・・・


Urban Zakapa-재회(再会)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

QLOOKアクセス解析